アスオイルに配合されたエルカラクトンは「髪のエイジングケア」成分と呼ばれているため若い人が使えないと思ってしまう人もいるかと思います。

 

アスオイルの口コミを見ても30代の方が多いです。20代からアスオイルを使うのは早すぎるのでしょうか?

20代でも早く使うにこうしたことはない

20代

 

アスオイルは髪をエイジングケアして再生できますが若いからといって使わない方がいいという商品ではありません。

 

20代でも髪へのダメージは蓄積している

髪 ダメージ

 

髪は普段からカラーリングやパーマ、外気や紫外線にさらされています。25歳をすぎると潤い成分も徐々に減少していくことから老化が進行していきます。

 

アスオイルの主成分であるエルカラクトンは熱と反応して髪を修復してくれます。20代のうちから早めに髪に必要な成分を外側から補うことでこの、ダメージの蓄積を遅らせることができるようになると言われています。

 

 

アスオイルにはこうした髪の悩みに有効な成分が使用されています。

 

20代でヘアケアをすると後で差がつく

20代 ヘアケア

 

20代の早いうちから自分の髪や髪質に向き合って、自分に合ったヘアケア商品を探しておくこともとても大切です。20代から自分にぴったりのヘアケア商品を使うことで10年後、20年後の髪の状態に変化が現れます。

 

正直、私はヘアケアにずっと力を入れてきたので30代で同世代と比べるとキューティクルはマシな方かなと思います。20代から変わっていないと思われていれば良いのですが・・(笑)

 

まさに今の髪は10年後、20年後の髪の状態に関係している言えます。
今でこそ、同世代とくらべて差がついていないとは思いますが、今から美髪ケアを考えるかどうかで今後のダメージの出方などにも差が広がっていきます。

 

 

アスオイルで早めのケア

早め 美髪ケア

 

特に20代前半などまだ若いから髪の悩みがない方は今使っても髪に変化が感じられない方もいるかもしれません。それでもアスオイルにはエルカラクトンやドデカンを始め髪にハリやツヤを与えてくれる成分がふんだんに使われていますので、使い続けることで髪の劣化を予防することができます。

 

もし迷っている女性がいれば、いつでも解約できますから一度使ってみて、続けたほうが良いと思えばそのまま継続する・・・というくらいの気持ちで良いかもしれませんね。けっきょくは自分に合うものを使い続けるのが一番ですからね。もちろん、普段の紫外線対策やシャンプーなどが前提にはなってきますが、一度試してみるのはオススメです。

 

 

アスオイルの失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。